読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水を撒いてくれ!

とりとめない思考の垂れ流し、または備忘録

思い出

底の薄い愛しいやつ

あれは中学三年生の頃。ぼくの履いていたスニーカーが下駄箱からなくなっていたことがあった。そのスニーカーは母方の伯父が買ってくれた大切なものだったが、お世辞にも周りから好かれているとは言えなかったぼくにとって、それは悲しいことだけど「まああ…

過去の話をしよう ~ぼくの相棒のこと④~

木根さんがかわいくてしかたない! そういうあれで、久しぶりに相棒のことを書こうと思う。 ↓が前回まで。 tomitakah.hatenablog.com tomitakah.hatenablog.com tomitakah.hatenablog.com 三回目はぼくが地元を離れて母親のいる街に向かうところで終わってい…

恋バナ……ですか

十四歳の頃の話。 中二のぼくには恋人がいた。名前は〈ちーちゃん〉。 こう書くと幼い感じがするけど実際は年上で高校生だった。 彼女とは当時入っていたキリスト教系の寮で知り合った。数十人の男子と女子が別々の棟に暮らしていて、お互いに顔を合わせるの…

過去の話をしよう ~ぼくの相棒のこと③~

いや、まさかこんなに空くとは。前回の更新が昨年の11月というのは自分でもちょっとびっくり。いや、まいった。 そんなこんなで久しぶりの更新は途中になってた相棒のことを書こうと思う。 そもそもなんで相棒のことを書こうと思ったのかというと、別に相棒…

過去の話をしよう ~ぼくの相棒のこと~

はじめにいっておきたい。ぼくはかなりのロマンチストだ。それをしっておいてほしい。それにぼくはゲイではない(特に偏見はないつもりだが念のため)。そのことを踏まえて読んでほしい。 昔音楽をやっていたというのは以前書いた気がする。今回はその時代の…

間抜けな盗賊団 2

ニワトリ小屋での失敗から数日後、ぼくら〈サイト団〉は再び作戦会議をした。鍵を手に入れる方法を考えたがいいアイデアが出てこない。教頭の机の後ろにある鍵を盗むのはそうとうに難易度が高い。それで出した結論は「ニワトリ係の生徒を抱き込むこと」だっ…

間抜けな盗賊団

気づいたら思い出話ばかりしている気がするこのブログ。「それでいいのか」なんて思いながら今回も小学校時代の思い出話。 小2の頃、ぼくには仲のいい友達が二人いた。さわたにくんといばくん(ちなみに二人とも仮名)だ。さわたにくんは長身ですらっとした足…

SOYやっ!

ぼくが小学生中学年の頃の話。ある日学校が終わって家に帰ると母さんがいた。台所に立って野菜をトントンと刻んでいたのだ。 「あらおかえり」 平然とした顔で言って料理の続きに取り掛かる母さんの後姿を見ながら、ぼくはその不思議な光景をぼんやりと眺め…

あれから二十年

阪神淡路大震災から二十年ですね……。 当時ぼくはまだ小学生で、朝起きて母親が見てたニュースの映像を見て「なんだこれ?!」となったのを憶えています。 うちの両親はともに関西での生活が長かったので、相当な衝撃を受けたことでしょう。母は当時の友人知…

男の港

今日は休みだったので港まで行ってきた。 まあ港といっても都会のシャレオツな感じではなく、漁船ばっかの完全な漁港。 でも気持ちいいんだ、海風が。もうかなり冷たいんだけどね。 ちょっと離れたところに工場もあってそこも好きなんだけど、今日行ったとこ…

羽×思い出=かなしみ

昨夜、YouTubeで唄人羽(うたいびとはね)の動画をしこたま観た。 中学三年の頃、同じ下宿にいた福岡出身の高校生に教えてもらって出会ったストリート出身の二人組。 彼らの曲はまったく難しいことを言わない。だから洋楽好きだった思春期のぼくの心にも届いた…

サッカー好きですよ

サッカー、好きなんですよ。ええ。 小学生の頃地域の少年団に所属してた(けど体が弱くすぐに退団した)経験もあります。ちなみに中学時代はバスケをしてました。 どれぐらい好きかというと、同じくサッカー好きの人とだと「あそこのチームの戦術がどうのこう…

終点の町

むう、旅行から帰ってからどうも体調がすぐれない。まあいいや、以前(およそ9年前)住んでいた町の話をしようと思う。 その町は、とある百万都市の端っこにある。都会と田舎のちょうど真ん中あたりにあって、地下鉄の終点であり、そこからは隣県に向かうJRに…

音楽に関する思い出 その3

長文を書いてるわけじゃないのに分けて続けるのはどうなんだ?ということで今回が最後。前回の続きです。 はっぴいえんどを聴きはじめたのと前後して聴いていたのがザ・バックホーンや野狐禅、THE イナズマ戦隊、友達に薦められて聴いたレミオロメンやスキマ…

音楽に関する思い出 その2

前回の続き。 はっぴいえんどは曲の完成度、実験性、歌詞のクオリティ、すべてがぼくの琴線にふれた。発表当時の日本の音楽事情なんかを知ると余計にかっこよくみえてグッとくる。 有名な「風をあつめて」だけじゃなく、「かくれんぼ」「あやか市の動物園」…

音楽に関する思い出

十代の半ばごろから意識的にロックを聴きはじめて、もう10年以上になる。 きっかけはなんだったっけ?やっぱりブルーハーツか。そこから海外にいってセックス・ピストルズやクラッシュ、ラモーンズなんかを聴きだしたのか。だからはじめはパンク少年だったと…

チャチャの話

先月からはじめたこのブログだけど、やってればいいことってあるもんですね。嬉しいことがありました。びっくりしたけどモチベーションが高くなって「やったるぜ!」という気分になります。記事のクオリティについては、……まあ頑張って上げていけるようにし…

もしかして:ゴールデンウイーク

「ゴールデンウイーク?なにそれうまいの?(´・ω・`)」 ……普段使わない顔文字を使うとなんだかもにょもにょした気分になる。 そんなこんなでGW関係ない仕事なので世間様の飛び石でうんたらとか天候がうんたらなんてものは「知ったことか」と半ば拗ね気味で一…

ジャンプ

子供の頃、ぼくはジャンプっ子だった。当時連載されていたのは『ドラゴンボール』『るろうに剣心』『幽遊白書』『スラムダンク』など。そりゃもう毎週発売日に買って興奮しながら読んだもんだ。 フリーザの強さに「今度こそやべぇ!」と焦り、裏庭の木に九頭…