読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水を撒いてくれ!

とりとめない思考の垂れ流し、または備忘録

過去の話をしよう ~ぼくの相棒のこと③~

 いや、まさかこんなに空くとは。前回の更新が昨年の11月というのは自分でもちょっとびっくり。いや、まいった。
 そんなこんなで久しぶりの更新は途中になってた相棒のことを書こうと思う。

 

 そもそもなんで相棒のことを書こうと思ったのかというと、別に相棒が事故に遭ったわけでも、どちらかが結婚したとかいうわけでもなく、ぼくと相棒がコンビ分かれしてから今年でちょうど十年だからっていうだけのことだ。
 なんとなく去年からその当時のことを思い出したりして、彼は元気でやってるだろうか(同じ町に住んでるけど)、みたいなことを思って。なんだか直接連絡とったりするのはむず痒いというか照れくさくてできてないんだけど。。。

 どこまで書いたか。ああ、当時は毎日楽しかったな、みたいなことを書いたのか。
 まあ、そんなこんなで日々楽しくやってたし、どんどん曲も増えていった。ぼくの書く勢い任せのロックっぽいもの、相棒の書くラヴソング。ときどき逆だったり。
 それでライブもいい感じで、お客さんもいたり、こっちは相棒はあまり関わってないけどぼくは他のジャンルというか、BMXのライダーとかスケーター、ダンサーなんかの人からも刺激をもらって頑張ってた。やっぱり人に聴いてもらう、伝えるってことをしないと意味ないから。
 
 そうやってまあ順調にやってたんだけど、ある日ぼくの携帯に一本の電話がかかってきた。ぼくが中二のときに離れて以降ほとんど連絡をとったことのなかった母親からだった。ぼくは母親の電話番号を知らなかったから、たぶん連絡を取り合ってた数少ない親戚からぼくの番号を聞いてかけてきたんだと思う。
 その電話からわかったのは、母親が隣県に住んでいるってことと、一緒に暮らしてた男が死んだということ。最後に母親は言った。「一緒に住まないか」と。
 ぼくとしては突然の電話だったし、内容も驚くことが多かったしで正直戸惑った。それにやっぱり十代特有の反発心というか「今更なんだよ」みたいな気持ちも。でもぼくは小さい頃からお母さんっ子だったから久しぶりに聴く声が懐かしくて、ありきたりだけど胸がいっぱいになってもいた。すごく複雑な気持ちだった。

 それで当然その電話のことを相棒に相談したんだ。
 正確なやりとりはもう覚えてないけど、相棒はずっと冷静にぼくの話を聞いてくれた。ぼくはまだ混乱した頭で、それまでのことや今思ってることなんかをとにかく話したんだと思う。
 それがちょうど冬から春にかけてのことで、相棒は高校卒業するってタイミングだった。ぼくらは毎日のライブと並行して何日かかけて今後のことを話し合った。
 最終的に行きついた結論は、ぼくは母親のところへ行って新しい環境でやってみる。相棒は地元に残って(たぶん就職が決まってたんだと思う)続ける。というもの。
 コンビは解散せずに一年ぐらいしたら相棒が引っ越してくる。それまでにお互い新しい曲をバンバン作って頑張ろうぜっていうすごくポジティブな感じになった。今のぼくが当時の自分たちに会えるなら「そんなにうまくはいかないぞ、少年たちよ」って言うだろう。そして当時のぼくらは確実に反発するだろうな(笑)。

 ぼくが母親の元へ行く日と、相棒の彼女が専門学校に入学するためにぼくと同じ町へ引っ越すのは偶然にも同じ日だった。時間をずらしたから電車は別だったけどね。
 その日、地元の駅のホームで相棒はまず彼女を見送って、次にぼくを見送った。ぼくは相棒を見て「彼女見送って泣いた?泣いたでしょ?ん?」とかなんとか言ってからかった。

 

 こうやって思い出すと、彼女と音楽のパートナーを同時に見送った相棒は寂しかっただろうなあ。それと同時に彼のことだからやる気も出ただろうな。
 ぼくはぼくで電車の中で、相棒のことや交流のあった人たちのこと、それになにより久しぶりに会う母親のことを考えて少し泣いた。リュックとギターケースがやたらと重く感じたのをよく覚えている。

よし、かっこよく締まったし今回はこのへんで。